【タイプ別】春からおしゃれに着回せるメンズチェックシャツ10選

一般的にダサいやオタクの様なイメージを持つ事も多いチェックシャツですが、本当はモード、カジュアル、グランジ、様々なジャンルのコーデに取り入れる事ができる着回せる万能アイテムです。着こなし次第でおしゃれに見せる事ができるだけではなく、インナーとしてもアウターとしても使える物も多く、春夏秋冬問わず使えるアイテムも多いです。そんな中からピックアップしたチェックシャツをコーデの提案とともにご紹介します♪

ベーシックなチェックシャツ

vintage風チェックシャツ


商品詳細はこちら!
古着などでよく見られる太糸を用いて作られているチェックシャツです。ヴィンテージ加工が施されており、くたっとした風合いが特徴です。裾には別生地でパイピングされているため、男臭いイメージを持ちやすいシャツにクリーンな印象を与えてくれます!王道のアメカジスタイルでは主役級のアイテムになるのでは♩デニム、チノパン、ブーツなどに加えて、ハットを加えてウエスタンスタイルに落とし込んでみても○

エリオットチェックシャツ


商品詳細はこちら!

こちらは趣味全開のシャツの紹介になります、
ブルーのチェックに細いレッドライン、こちらはエリオットチェックと呼ばれるものに近い物になります。こちらのチェック何が特徴何かといいますと、”パンクの女王”と呼ばれているvivienne westwoodが愛したチェック柄になります。そのチェックでの商品が多くリリースされたのですが、こちらの商品はその柄をフランネルの素材に落とし込んだ物になります。今までのチェックと同じようにデニムやスラックスと合わせて使ってもよし、ボンテージパンツやラバーソールのシューズと合わせたパンクコーディネートにもばっちりは合ってくれるのではないでしょうか♩

シャドーチェックシャツ(セットアップ対応)


商品詳細はこちら!
こちらはシャドーチェックシャツのご紹介です、チェック柄がフェードしたようなこの柄は、カジュアルな印象を持つチェックシャツにモードなイメージを落とし込む事ができるのでおすすめです。小さく設定された襟やツイル生地に暖かみと柔らかさが特徴です。これからの季節にぴったりですね。細身のパンツでモードに着用するもいいのですが、こちらはなんとセットアップでの提案の商品になります。セットアップの難しく、固いイメージを払拭できるようなセットアップでは独特の雰囲気を醸し出します。1枚でも、スラックスと合わせてセットアップでもコーデをくめるアイテムはなかなか無いのではないでしょうか。おしゃれ上級者の方におすすめです!

オープンカラーシャツ


商品詳細はこちら!
こちらのシャツは一見ベーシックなチェックシャツには見える物の注目していただきたいのは首元の形です。オープンカラーといわれるこのデザインは、首元が一番上まで絞まらないジャケットとシャツの中間の様なデザインです。すっきりと見える首元には小振りのネックレスを見せたり、タートルのニットを見せてみると全く違った表情を見せる事ができます。合わせ方もデニムやチノパン、スキニーなどによって表情が変わります♪

ロング丈のダメージチェックシャツ


商品詳細はこちら!
ロング丈のチェックシャツの紹介です。裾にダメージが入っており、フリンジのような加工になっています。ハットや細身のパンツと合わせてモードに。あえて色落ちのデニムや太めのパンツと合わせてカジュアルにも落とし込めるアイテムです。スウェットとのレイヤードで裾を楽しむ、パーカーなどの上から羽織ってシャツコート感覚でも使える優れものです。ポケットの位置が下に設定されているのもポイント!

ノーカラーウェスタンチェックシャツ


詳細はこちら!
最近はよく見られるようになってきましたね。ノーカラーシャツのご紹介です。首元がすっきり見える事でクリーンなスタイリングができるアイテムですが、こちらの商品は肩のデザインがウェスタン仕様になっています。肩の切り替えが特徴のウェスタンシャツは刺繍がはいったものやレザーのシャツなどが有名ですね。そのシャツをカジュアルに落とし込んだこの商品では普段使いのチェックシャツに一癖加えたおしゃれなアイテムです。他と差を付けたいならおすすめです。

ミリタリー×チェックシャツ


詳細はこちら!
こちらは前身頃とポケットにワンポイントでミリタリーシャツのような切り替えがされているハイブリットなチェックシャツです。普通のチェックシャツでは物足りない方や、一癖あるアイテムを求めている方にはおすすめです。コーディネートが難しそうなアイテムでありますが、意外とミリタリーとチェック、合わせるアイテムがにていたりします!そのため、普段使いのチェックシャツと同じ感覚で着ていただけるだけでおしゃれ感がグンとアップします♪

ひと味違ったプルオーバーシャツ

プルオーバーチェックシャツ


詳細はこちら!
ボタンシャツが多い中、こちらはプルオーバーのシャツの紹介です。ハーフスリーブに設定された袖ではレイヤードを楽しむ事も、夏に一枚で活躍する事も間違いなしです!サイドにはフラップポケットが配置されており、機能面でも心配なしですね♪ボックスシルエットに近いこのシャツではTシャツのように着ていただけます。ストリートのコーデには最適なこのシャツ、ゆるくラフに着こなしているのがかっこいいかと思います。キャップなんかと合わせてタウンストリートに!MADE IN JAPANなのもうれしいですね。

Vネックシャツ


詳細はこちら!

こちらは少し変わり種の商品です。Vネックのプルオーバーシャツになります。
サイドのスリット、パイピングにはウールを用いたシャツはブランドのこだわりを感じられますね。様々なシーンで活躍するこのシャツはコーディネートを中心に紹介します。まずはサーマルの上からラフに着用、シャツの持つ軽いイメージを崩さずにスタイリングをくむ事で、変形シャツへの抵抗はなくなるかと思います♩また、アウターとしての着用では、中にシャツやパーカーをレイヤードする事で、見える部分に他のアイテムを持って来れます。お気に入りのアイテムとの組み合わせも楽しめますね。上からジャケットやコートをくる事で、ベストやニットを着ているようなレイヤードもおすすめ。真夏以外のオールシーズン対応できる優れものですね!

ヘンリーネックシャツ


詳細はこちら!
ヘンリーネックシャツの紹介です。こちらはプルオーバーですが、首元にはボタンが施されています。こちらのかたちは、ミリタリーのサーマルなどでよく見られる形で、適度な緩さが特徴です。少し広めにとられたボディは動きに合わせて揺れるシルエットを演出しています。また、独特の編み方が特徴で、もともと緩く編まれているシャツになります。これは、着用や洗濯を繰り返しているうちに編目が詰まっていき自分独特の風合いも楽しむ事ができるアイテムになります。足首の見える丈のスラックスなど少しきれい目なアイテムに合わせる事で緩すぎず、固すぎずのいいバランスを演出してくれます。

いかがでしたでしょうか。長いシーズンで使う事のできるチェックシャツはお気に入りの物を数点持っているだけで様々な見せ方がする事ができます。ご紹介した合わせ方、着こなし以外にも様々な”自分流”チェックシャツのコーディネートを探してみてもいいかもしれませんね◎また、最近のトレンドであるリメイクにも挑戦してみてもいいかも!!お手持ちの着なくなったシャツを思い切ってペイントやカッティングしてみると全く違った服に生まれ変わります!!勇気のある方はぜひお試しあれ♪

ABOUTこの記事をかいた人

宮内 裕多

音楽、ファッションにおいてパンクカルチャーを好む関学生。 好きなブランドはblackmeansとvivienne。